日本の防犯・防災

安心な暮らしづくりを応援します 日本の防犯・防災 ONLINE

記事詳細

意欲的な若者たちによる防犯・防災活動 千葉県

県内外の学生ボランティアが終結し、交流を通じ、さらなる活動の活発化を目指す

DSCN8852.JPG

1月19日、千葉県・千葉県警察本部が主催する「ヤング防犯ボランティア交流会」が開催された。これは千葉県が実施している「ヤング防犯ボランティア育成事業」の一環として学生を中心とした若者世代の防犯ボランティア活動の事例発表や、情報交換などを行い、各団体の交流を深め、活動のさらなる活性化を目的としている。

 

学生、関係者合わせて約80名が参加

『ヤング防犯ボランティア交流大会』は、千葉県教育会館に学生50名のほか市民ボランティア、学校、件、警察関係者などを加えた約80名が集まり開催された。

主催者あいさつ、参加者紹介に続き、他県の活動事例発表として神奈川県の「神奈川防犯シーガル隊」の発表があった。

同隊は平成22年に慶応義塾大学の柔道部員を中心に発足。神奈川県では初の大学生が主体となって誕生した防犯ボランティア団体だ。同年に痴漢防止キャンペーンなどの活動を始め、以降、毎年安全・安心を促進するための幅広い活動を続けている。大学生への呼びかけも積極的に行い、発足時35名だったメンバーは、現在15大学91名に増加している。

昨年は、5月5日のこどもの日に専修大学幾多キャンパスの学生ボランティア「SIV」と合同で地元商店街でキャンペーンを行ったり、県主催の夏休みこども安全キャンペーンを行ったり、商店街主催の盆踊りや、敬老の日のイベント、さらには年末年始の安心・安全キャンペーンに参加するなど、多様な活動が紹介された。

今後については、「ホームページによる情報発信、新しいメンバーの募集、さらには独自イベントにもチャレンジしたい」と展望を語った。

定期購読FAX申込用紙は、こちらからダウンロードできます。